<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

南河内万歳一座「使用人」

b0026323_226335.jpg


大阪出身の僕としては、ずーっと気になっていた劇団です。
今回が初見でした。

みなさん熱演でした。
くどいくらい熱演の役者さんもいました(笑)

台本も演出も、かなり熱を帯びているように感じました。
いい意味でも、そうではない意味でも。

でも、楽しめました。

★★★☆☆


※詳しい感想はnoteに書きました(ネタバレを含む)。
https://note.mu/mulamoto
[PR]
by mulamoto-ex | 2014-07-25 22:24

サモ・アリナンズ「ビタジルダ」

b0026323_9444895.jpg


とにかく笑いました。

オープニングから、すぐに観客のツボを突いてきて、
約1時間30分の間、ずっと役者たちの言動から目を離せなくなりました。

脚本に基づくネタだけではなく、アドリブや、やや内輪ネタ的なものまで、
しっかり笑いにつなげていました。

緩いというか、ダッラダラの場面もあったりするのですが、
そこまで、ちゃんと計算されているかのように面白かったです。

日常生活の1週間分、いやそれ以上笑ったかもしれません。

どの役者さんも、みな魅力的でした。

★★★★☆
[PR]
by mulamoto-ex | 2014-07-20 09:48

シス・カンパニー「抜け目のない未亡人」

b0026323_22152917.jpg


三谷幸喜さん演出の「抜け目のない未亡人」を観てきました。

イタリアの喜劇作家の作品を、三谷氏が現代風に脚色したとのこと。
舞台はヴェネチアですが、とてもわかりやすく、すんなり物語に入っていけて、
素直に笑って楽しめました。

主演は大竹しのぶさん。
三谷作品に出演するのは、これが初めてだそうです。
コメディアンヌとして演技力と、年齢を超えたかわいらしさをいかんなく発揮していました。

八嶋智人さんの芸達者ぶりのも、あらためて感心しました。
木村佳乃さんは、観劇後にクレジットを見るまで、彼女だとはわかりませんでした。
そのくらい好演だったということです。

あれこれ考えずに、気軽に楽しめるお芝居もいいもんですね。
[PR]
by mulamoto-ex | 2014-07-13 22:22

ハイバイ「おことたち」

b0026323_09211.jpg


昨年の「て」に続いて、ハイバイを観るのは2回目。

じわじわと心に浸透してくるような芝居でした。
一見さほど凝った演出とは思えないけど、
細かい部分までよく計算されていて、観客を空間に共存させるというか、
演劇でしか表現できない、緊張感の作り方がうまいなぁと感じました。

今回は、4人の男がそれぞれ主人公で、
それぞれの人生が同じ時系列で語られていくのですが、
ここの役者さん、みんなうまいんですよ。すごいんですよ。

個人的には、岩井秀人さんの飄々とした演技が好きなので、
彼の出演シーンが少なかったことが唯一残念でした。
[PR]
by mulamoto-ex | 2014-07-05 23:08