「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ジン、ジン、ジンギスカン!

b0026323_0481458.gif今日は8月29日。“焼肉の日”だそうです。だからというわけじゃないのですが、食べに行ってきました。牛ではなく仔羊。そう、流行のジンギスカンです。じつは、ボクのジンギスカン初体験は今月の18日。目黒にオープンした「鐵玄」(という店名だったと思う)で、M1000本の打ち上げがあり、技術評論社様のゴチになりました。昔、誰かから「北海道は生活水準が低いから高い牛肉は食えないんだよ」とか「ラムはすごく匂うから屋外でないと焼けない」とか聞いた記憶があって、さほどうまいもんじゃないんだろうと、ずっと敬遠してました。……もったいないことしました。全然臭くないし、肉もやわらかい。うまい! 安い! うまい! 道産子のみなさん、お見逸れしました。どんどん箸が進みますね。焼肉は二日続けては食べられないけど、これだったらいけそう。
というわけで、今夜行ってきたのは新橋の「金太郎」。行列ができる人気店らしいのですが、なんと今月末で閉店するそうです。残念! 半生でも食べられる新鮮なラムが1人前700円、野菜は3人で十分足りる“てんこ盛り”が1200円。つまりビールを飲んでも1人1600円〜。大食い自慢のK先生とS君と一緒だったので、当然ラムは追加オーダーしたのですが、ボクが一番食べていたような気がする。確実にもう一皿いけたもんなぁ。近くに「金の羊」という系列店があるらしく、そちらは営業を続けるとのこと。ぜひ、行ってみてください。ていうか、誰か一緒に行かない?

b0026323_0475513.gifジンギスカンといえば、このおバカなディスコソングも思い出してしまいます。アーティスト名もジンギスカン。たしかドイツ人のグループだったと思います。続いてリリースした「めざせモスクワ」は、モスクワ五輪を意識した歌だったんですが、日本はモスクワ大会をボイコットしたんだよね。残念!
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-29 23:39

沖縄フルーツ

b0026323_1252363.gifb0026323_124822.gifおいしそうでしょう。沖縄に行っていたA氏からいただいたおみやげサァー。東京のスーパーでは絶対に手を出せないマンゴーと、ジャックフルーツ、シークワサァー。まだ、ジャックフルーツしか食べてないんだけど、グサッってナイフを入れると中はこんな感じサァー。どぎつい色のわりには、あっさりとした甘みでみずみずしい味。なんか身体によさそうって感じサァー。そのままでもうまいんだけど、ここにシークワサァーをキュッと絞ってふりかけると、酸味と甘みのどちらも際立って絶妙なおいしサァー。ごちそうさまでした! マンゴーはもうちょっと熟してから食べるぞと。

[追記]
ジャックフルーツではなくドラゴンフルーツだそうです。送り主様からご指摘いただきました。謹んで訂正させていただきます。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-28 21:48

ホッとしたけど…

Excite:スポーツニュースよりトラックバック!

駒苫の暴力事件問題、高野連が良識のある判断をしてくれてホッとしました。でも、なんとなくすっきりしないのが、当事者である野球部の茶木部長が一切メディアに顔を出さないこと。27歳の大人なんだから、自ら社会的責任を果たすべき。自分で事実関係を説明したらいいのに…という気がしました。なにもすべてを校長や教頭が代弁することはないでしょうに。彼の言い分を学校側で封印している印象を受けます。あと、その部長に対する処分は、学校あるいは教育委員会で決めるべきことではないかと。また、もしこの事件が報道されている通りの暴力事件であるならば、法に裁かれるべき。なんで、高野連にそういう権限があるのかが疑問。結局、学校における部活動の位置づけ、部活動におけるスポーツ教育のあり方などについては、何も議論されないままに終わってしまったようで、ちょい残念。
明徳は、部員による暴力事件や喫煙があったということで、出場停止処分を受けましたが、これも関係のない生徒には酷なことだなぁと思いました。最も問題とされた「高野連への報告が遅れた」ことは生徒ではなく学校側の責任ですからね。まだ社会的に自立していない高校生に全体責任を負わすのは、どうなんだろうって。高校生の学内でのケンカなんて、あって当然だと思うんだよね。ピシッと叱ってやって、そいつが反省したら、それでいいじゃん。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-28 18:07

「中高年のための もっと知りたい 携帯電話ABC」

b0026323_385715.gif昨年放送されて好評だった、NHK教育テレビ「趣味悠々」の携帯電話講座の第2弾。講師は法林岳之氏です。そのテキストを弊社ゴーズで編集しました。前回は“メールを送るまで”が課題だったのですが、今回はカメラで写真を撮ったり、サイトに接続したりという部分まで扱っています。中高年向きに通話専用ケータイとかも出ていますが、やはりネットにつながる携帯電話のほうが便利。ボクの両親もそうですが、せっかくの機能をうまく活用できずにいる人は多いようです。最近のケータイは液晶画面が大きくてキレイで、文字も読みやすい。おサイフケータイやGPS、ブザーなど、日常生活に役立つ機能も増えています。新しい携帯電話にこのテキストを添えて、ご両親、じっちゃん、ばっちゃんにプレゼントするのはいかがでしょうか?(まずまずの自信作なので、ちょっと宣伝させていただきました!)
放送は9月6日から毎週火曜22:00〜。生徒・進行役は中山エミリちゃん。番組収録を見に行ってきましたが、目がキラキラしていてとてもかわいかったです。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-25 22:10

「GetNavi」10月号

b0026323_6334865.gifFOMA701iシリーズ、auのおサイフケータイなど、秋モデル全機種を紹介しています。今回は、識者に採点してもらう趣向で、白根雅彦くんにお願いしました。厳しいコメントを期待していたのですが、どの端末もそこそこ良い評価でした。白根くんが最高得点を付けたのはW32HとVodafone903SHの2機種。最も点数が低かったのは……本誌をご購入のうえ、ご覧ください。ボクが個人的な好みで選ぶとすれば、SA700iSとVodafone703SH。GPSナビ機能を搭載したSA700iSは三洋電機製。久しぶりのドコモ端末ですが、多機能のわりには使いやすくまとまっている印象。GPSは平面図だけでなく、鳥瞰図とか航空写真地図とかも表示できるんですよ。クイズで英単語を勉強できるアプリも暇つぶしに役立ちそう。703SHは、3Gとは思えないコンパクトなモデルですが、機能面では兄貴格にあたる903SHに遜色なし。新規9240円、1年経過の機種変更でも1万4700円で買えます。コストパフォーマンスはナンバーワンでしょう。佐藤卓氏とのコラボモデルP701iDはカッコいいんだけど(とくにグロスブラック)、900系で出してもらいたかったです。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-24 18:01

「アスキー・ドットピーシー」10月号

b0026323_17354050.gif「PCユーザーのための最新ケータイ事情」を担当。今号はQRコードをクローズアップ。フリーソフトを使ったQRコードの作成方法などを紹介しています。ケータイの災害伝言板も紹介しています。台風シーズンに備えて、利用方法を覚えておきましょう。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-24 17:34

お詫びと訂正

まずお詫びします。駒大苫小牧の一件に関して「体罰に賛成」と書きましたが、ボクも全面的に賛成しているわけではありません。不当な理由で生徒を殴る暴力教師や、物心のつかない幼児を虐待したりするバカ親は許せません。なので「体罰容認派」と書くべきでした。職業や年齢に関係なく、相手がケガをするほど殴ったら、それは体罰ではなく暴行・傷害です。
「体罰」の認識は人によって異なると思いますが、今、新明解さんで調べたところ「言うことを聞かなかったり、悪いことをしたりした子供に対して、教育的見地から立たせたりぶったりして苦痛を与える罰」とありました。で、どの程度の苦痛を与えることが体罰にあたるかが曖昧なので、悲しい事件も起こってしまうのでしょう。結果、日本では法的に禁止されるようになったのだと思います。でも、容認されるべき体罰もあるのでは…というのがボクの考えです。全面的に禁止するまえに、そうした分別は大人自身が持っておかなければならないと思う。また、子供の性格も千差万別なので、人によって与えるべき罰というか指導法も変えるべきだと思う。無論、言葉で諭すのが一番でしょうが、頭より身体のほうが伝わるってこともあり得ると思うのです。
教育現場で、とても教育的見地に立っているとは思えない行為をする教師がいるとしたら、教師間においてそいつを制裁すべきだし、そもそもそんなやつを採用するのがおかしい。解雇すべきだと思う。そいつこそ殴り倒すべきだと思う。これは推測なのですが、今の若い先生のなかには、親にも先生にも怒られることなく育った優等生タイプが多いため、痛みがわからず、誤った体罰をしちゃう先生とかが出てくるのではないかと。
中学時代、生徒のお尻をぶつためのシゴキ棒を用意している先生がいました。ああいう予告アリの安全な体罰だったらいいんじゃないかなぁ。高校時代には、教室が騒がしくなるとヒステリックになって、生徒にチョークを投げつける女の先生がいました。もし、誰かの目に命中したりしていたら、即刻処分を受けてたんでしょうね。当然、みんなで抗議して、他の先生にチくったりもしたので、少しは改心したみたいで、その後は投げ方に工夫が見られましたし、ボクらもチョークが飛んでくる瞬間を予知できるようになりました。どちらの先生もそんなに人気はなかったんけど(むしろ嫌われていた)、生徒に嫌われないためにジョークを連発して、生徒の非行を黙認するヤワな先生よりはカッコよかったと記憶しています。ガンコ親父や怖い先生が少なくなった今、子供たちの未来に不安を覚えます。

コメントをいただいた方、ありがとうございました。教育関係に携わる皆さん、ボクの誤解・認識不足でしたらお許しください。あくまでも子供を持っていない世間知らずの毒男の私見です。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-24 03:10

体罰は悪いのか?

Excite:スポーツニュースよりトラックバック!

駒大苫小牧の暴力事件に物を申す。言うことを聞かないコを平手で殴ったり、スリッパではたいたりしただけですよね。しかも教師じゃなくて、野球部を強化するために雇われた部長でしょ。なんでいけないんだろ? ボクは個人的に体罰には賛成派。小学6年生のときに、授業を妨害して担任の先生に平手打ちされて、中学では一部の先生からイジメのような集中砲火の中傷を受け、高校では非常勤講師のセクハラまがい行為に頭を悩まし、結果、こんな立派な大人になれました。今でも思い出すとムカつきますがね…。口で言ってもわからんヤツには怒鳴るか殴るしかないし、腹がたって過剰にエキサイトしちゃうバカな大人がいるってことを子供の側も知っておくべきだと思う。今回の場合、生徒たちが法に触れるような事件を起こしたわけじゃないようだし、部長への制裁はともかく、彼らの優勝旗は守ってあげるべきだと思います。この程度のことで、優勝旗返還とか出場停止とか何かしらの処分が下されるのであれば、歴代の優勝校の多くも返還しなきゃならなくなるんじゃないの?

[追記]
いま、日経新聞の記事を読み直したところ、部長ってのは教師なんですね。国家資格を持った教諭なのかどうかはわからないけど…。要するに、隠蔽していたのがまずいんだよね。でも、ボクが当事者だったら、やっぱり隠蔽しておくかなぁ。生徒には甲子園に行かせてあげたいし。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-23 16:35

月下の能鑑賞

b0026323_165609.gif薪能を観てきました。場所は小金井公園。緑の森に囲まれた広場に、能舞台が設けられ、篝火をたいて開幕。月下の観劇、趣きがあっていいですね。時折、蝉の鳴き声や、木の葉が風に揺れる音なども聞こえてきて、自然の効果音のようでした。演目は平義経や静御前が登場する「船弁慶」。シテ(主演)は知人の能楽師・津村禮二郎氏。ご招待ありがとうございました。能の台詞は、昔の言葉でわかりにくいものですが、今宵は上演前に津村氏の友人で、能楽の弟子でもある林望氏による見どころの解説があったので、純粋に声、音、動きだけで楽しめました。リンボウ先生、イギリスだけでなく日本の伝統芸能にも造詣が深いとは知りませんでした。羽織袴姿も似合っていました。ああいう、かっこいい大人になりたいものです。
上演中のカメラ撮影は禁止だったので、写真は終演後に撮ったものです。日の入り前に火入れがあって、薄暗くなった頃に狂言を上演。能が終わる頃には真っ暗でした。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-22 10:55

世田谷ライフとJazzyな夜

今日は久しぶりに何も仕事をしなくていい土曜日でした。昨夜は、夜明けまで飲んだので昼過ぎまでぐっすり。陽気に誘われて、散歩がてらに深沢・駒八通り沿いで友人が開いているギャラリー「space5watts」に訪問。こぢんまりしてますが、古い店舗をリノベーションした居心地のいい空間です。まったりしてから、目黒通り沿いにある「CHAIKA」というロシア料理店でピロシキとボルシチのランチ。ここに来るのは二度目だけど、別段おいしいわけでもないのに結構高い。案の定お客さんも少なく、店内はさびれた雰囲気。お店の人もどちらかといえば無愛想。でも、おもしろいからたまに来てもいいかな? と思っちゃう不思議なレストランです。その後、ギャラリーの隣にある「花の橋立」というお花屋さんで、花は買わずに、店長さんにお茶をいただき(いつもありがとう)、それから↓に書いた「Sweet Soul Sweets」に。とても“世田谷ライフ”な一日を過ごしました。

b0026323_1535257.gif夜は、八雲にあるインテリアショップ「TIME & STYLE」のインストアライブへ。毎月1回、カフェスペースでJAZZのライブをやっているそうです。とくに興味はなかったんだけど、暇だったので友人に誘われるままについていった次第。赤坂由香利というピアノ&ボーカリストと、鳥越啓介というベーシストのセッションだったのですが、すごいの。むちゃくちゃうまいの。胸が熱くなるほど感激しちゃいました。赤坂さんの声がいいんです。ハスキーだけど温かみがあって、幅があるんだけど繊細っていうか。聴く人の体にまとわりついてくるような綾戸智絵的サラウンド系ではなく、体の内側に入ってきて聴く人を静かに酔わせるような感じです。聴き惚れました。鳥越さんのエネルギッシュな奏法との相性もバッチリでした。
このブログにも書いた為末大選手の銅メダル獲得、昨夜の清田さんのスプーン曲げ、NHK「日本の、これから」での櫻井よしこ女史の理路整然とした中国・韓国の歴史教育批判、小説としてだけではなく認知症の介護参考書としても役に立った萩原浩氏の「明日の記憶」、映画「パッチギ!」「DEEP BLUE」、そして本日、赤坂由香利というボーカリストと出会えたこと…ここ最近、ボクは感動のラッシュです。
[PR]
by mulamoto-ex | 2005-08-20 23:47