文学座「大空の虹を見ると 私の心は躍る」

b0026323_23562812.jpg


閉館間近の古びた映画館を舞台に、
一筋縄ではいかない人生模様を描いた作品でした。

脚本は、鄭義信さん。
演出は、大学時代の後輩でもある松本祐子さん。

同性愛、いじめ、認知症の介護など、
かなり重い内容が盛り込まれた脚本でしたが、
思わず笑ってしまう場面もあり、ほっこりする場面もあり、
逆に、心がキリキリと痛む場面もあり、
飽きることなく、引き込まれるお芝居でした。

文学座の役者さんは、みなさん、うまいですね。
[PR]
by mulamoto-ex | 2013-12-14 23:00
<< スカイツリー初登頂 キャラメルボックス「ウルトラマ... >>